ネットカジノで摘発されるのはどういう時か

時折ネットカジノ運営者と客が摘発されるケースが報道されます。日本では賭博が公営ギャンブルを除けば法律で禁止されているため、ネットカジノも当然違法です。したがって、摘発されるのは何ら不思議なことではありません。しかし、実際問題、普通に逮捕されずにネットカジノでプレイをしている人もいますし、普通に解説サイトが運営されていたりと、その境界があいまいとなっているのも事実です。

確かにネットカジノは日本では違法ですが、海外ではライセンスを取得した場合には合法的に運営できる国もあります。少なくとも日本人が関与していない合法的に運営しているところで遊んだとして逮捕されているケースは現状ありません。逮捕されることがあるのは、日本人がつながっていて、運営者が実質的に国内にいるような場合です。

法律上は違いがないようにも思えますが、現状そのような扱いとなっていますので、外国で合法的に運営されていて日本人が運営にかかわっていないようなところは特に問題なくプレイできるといえなくもないです。しかし、運用はその時々に代わる可能性はありますし、建前上ギャンブルが禁止である以上、摘発のリスクはあります。そのため、自己責任で遊ぶようにしなければなりません。安易に勧められてプレイするというのではなく、遊ぶならリスクも考えたうえでやるようにしましょう。

ネットカジノ自体の安全性については、ライセンスと第三者機関の認証を受けているところなら、詐欺などで損をする可能性は限りなくゼロに近いです。老舗で世界中にプレイヤーがいるようなネットカジノであれば、運営実績もあるので信頼できます。そのため、もし選ぶならそうしたところを選んだほうが良いです。