ネットカジノで逮捕されるも不起訴になりました

ネットカジノは海外の企業が運営していて、安全なところは株式も上場していて健全な経営をしているところばかりです。さらにカジノを運営するには国から正式にライセンスを取得する必要もあり、言ってみれば国が認めてお墨付きをもらっているので何も違法性もなく安全に利用できます。
ただネットカジノは実際にお金を賭けてギャンブルをするので、海外の企業が運営しているとしても日本からインターネットで参加するのは賭博罪にならないのかという議論はありました。

結論から言ってしまうと、賭博罪というのは胴元と賭け事をしたお客の双方が悪いとして両方が捕まって、ともに罪に問われることが前提になっている法律です。つまりお客だけを罰することはできない理屈になります。そしてネットカジノは日本とは別の国が正式に認めて運営しているものですから、日本の法律で罰することはできません。お客に関しても同様で、ネットカジノを利用してはいけないという法律はないので、屁理屈のようでグレーゾーンかもしれませんが罰することはできないのです。

実際にネットカジノを利用したという理由で賭博罪で逮捕されて方がいました。その時は何人か捕まって、ギャンブルをしたことを認めて数人は罰金刑になったのですが、その中の一人が違法ではないと訴えて弁護士を立てて裁判所で争ったのです。そして結果は不起訴という判決になりました。不起訴ということは、ネットカジノを利用してお金を賭けて遊んだとしても違法ではないと認められたことになります。

ネットカジノは確かにギャンブルなのですが、裏カジノのような暴力団とかかわっているわけではなく健全に国に認められて運営しているので安心して遊べます。
ネットカジノおススメ情報はこちら【今更聞けない】日本人がハマってしまうバカラ賭博の実態を徹底調査!