ネットカジノを使ったマルチ商法「ゼウス」とは?

ネットカジノと聞くと危ない遊びというイメージを抱かれる方も多いかもしれません。実際には正しくそのルールやリスクを理解した上で利用すれば全くもってその利用は危険を伴う存在ではありません。ただし、定期的にネットカジノを利用したねずみ講やマルチ商法の被害が出ているのは事実です。そのような被害に遭わないためにもしっかりとその被害の詳細を知っておくことが重要と言えます。
そんな定期的にネットカジノで確認されているマルチ商法の1つに「ゼウス」というものがあります。

その内容はインターネットを介してカードゲームを主催し、参加する仲間を増やせば増やすほどポイントを手に入れることができる手というシステムです。この「ゼウス」は2013年ころからSNSで多く報告されており、そのほとんどがネットカジノを利用できるという触れ込みのもと勧誘が行われていると言われています。このマルチ商法にあたる勧誘方法は完全に連鎖取引法に違反するねずみ講と違い法律的にはグレーゾーンの存在です。そのためそれ自体がすぐに犯罪ということにはなりません。

オンラインカジノのお得な情報はこちら【永久保存版】KENO(キノ)のルールと攻略法・必勝法!

ただし、ねずみ講同様会員を増やすことで親ばかりが得するというシステムは現実社会において人間関係の破綻をもたらすことがほとんどなため注意が必要です。会員を誘うだけで儲かるというような甘い謳い文句に乗ってはいません。そのような簡単にお金を儲けられる話の裏にはリスクが必ずあるということをしっかりと理解しておきましょう。なお、そう聞くとネットカジノ自体も法律上遊んではいけない存在と思われる方もいるかもしれませんが、ネットカジノで遊ぶことは法律上全く問題はありません。問題なのはねずみ講やマルチ商法まがいのことをやることにあります。