ワードプレスに関するおすすめ本について

ワードプレスは世界的なシェアを持つオープンソース型の無料のブログのソフトウェアのことを言います。HTMLやCSSの知識を持っていればホームページの作成も可能で個人のブログから企業におけるホームページまで利用されています。

ブログ形式で文字の入力や画像を貼り付けるだけでホームページの作成や更新を行うことができ、豊富なプラグインが揃っていてプログラミングを行うことなく各種フォームの作成や動画の埋め込みなどある程度簡単に行うことが出来ます。
そしてプログラミングのスキルがあればホームページの環境とか機能、デザインや構成も自由にカスタマイズでき、自分でこれを構築したりじっくりと取り組みたいという方には向いているとされます。反面プログラミングの知識に自信のない場合は難しい面を持つとも言われています。
ワードプレスでホームページを作る場合はインターネット上で無料配布されているソフトをダウンロードし、レンタルサーバーなどMySQLデータベースの稼働するサーバースペースにデータを置く必要があり、ある程度高いスペックのものが要求されます。
ワードプレスはサポートはメールのみとなっていて電話では行われていません。サイトではサポートページも用意され質問可能なフォーラムも掲載されていますが、全て自分で調べて問題解決しなければならずすぐにはこれに至らないと言われています。
ホームページは目的を持って作成されるものでSEO対策も必要になって来ます。これを行うにはHTMLを自分で編集する必要がありそこにはプログラミングの知識がどうしても必要になって来ます。もし企業内部に専門知識を持つ人がない場合は業者に依頼することが必要となり費用は高額になります。

ワードプレスがどういう内容なのか知りたい人のためにはおすすめ本があります。初心者向けにははじめての簡単WordPress入門決定版というものがあります。この本はとりあえず使うことができるようになるという内容になっています。図とか画像も多く掲載され丁寧に解説されているので着実に理解して行くことが出来るとされます。
中級者向けにはWordPress標準デザイン講座 Version 4.x対応というおすすめ本があります。ワードプレスのインストール方法からPHPの基礎知識、サイト設計まで丁寧かつ簡潔に説明されています。テーマ制作を行わない一般ユーザーには少し難しい内容になっています。
プラグインがあれば便利な機能をサイトで実装できます。そういう意味でプロが選ぶ WordPress優良プラグイン事典はおすすめ本となっています。