ワードプレスの特徴とorg、comの違い

ワードプレスは無料で提供されているブログソフトウェアです。非常に簡単に操作できるようになっていて、難しい専門知識を知らなくても簡単にサイトを作ることができます。一般的にサイトを作るためにはHTML言語の知識を持ち、自分でコードと記事の文章を書く必要がありますが、ワードプレスではそれらの知識が必要無く、文章作成ソフトに文章を書いたり画像を入れてレイアウトする感覚で作ることができます。他にも同様の機能を持つソフトウェアがありますが、ワードプレスの大きな魅力は検索エンジン最適化に優れていることです。検索エンジン上で、検索結果の上位に自分のサイトを表示させることが閲覧回数を増やす一番大きなポイントですが、ワードプレスで作るとサーチエンジン最適化の90%前後に対応するように作られて、上位に表示されることが多くなります。また、操作方法を無料で教えてくれるサイトや本も多く出版されているので、学習環境が整っているのも大きな特徴です。

ワードプレスには拡張子にorgとcomがあり、orgは自分のサーバーにインストールして使用します。豊富な無料ライブラリからテンプレートとインストールしたり、プラグインも入れることができますが、サーバーやデータベースの保守と管理、セキュリティー対策も必要になります。comの場合はサイト上から登録するだけですぐに使えるのが特徴で、サーバーの用意や保守も必要無い代わりにプラグインの使用ができなかったり、操作中に広告が入ることがあります。使用目的と頻度などを考慮して、どちらを使用するか十分に検討することが大切です。

ワードプレスは簡単にデザイン性が高く見栄えのするLPと作成が可能です。従来のLPは専門の業者に依頼して作ってもらっていたためそれなりの費用が必要でしたが、ワードプレスは無料で使えるテーマも豊富に用意されているので、初心者でもプロ並みのLPを作ることができます。更にハイクオリティな有料テーマも用意されているので、必要に応じてテーマを選ぶことができます。もちろん自分でテーマを作成して作り上げることもできますので、自分の目的と技量に合わせてテーマを選んでみましょう。LPは特定キーワードでの検索や広告の着地点となる重要なものです。このLPの出来次第で閲覧者が興味を持つかどうかの大きな分かれ道になりますが、ワードプレスは最適なテーマを利用することで作成の手間を大幅に削減することが可能です。