ワードプレスはデータをエクスポートすることが可能です

ワードプレスは簡単にホームページを作成することができる非常に便利なツールです。通常がホームページを作成する際に専用の言語を用いてソースコードを作成しサーバーに掲載することでホームページを実現することが一般的ですが、ワードプレスを利用すると様々なGUIを用いて簡単にホームページを作成することができいるため、多くのホームページ作成者に利用されています。しかしそのソースコードは非常に難解で、 1部を変更しただけで正常な動作をしなくなるほどの緻密な構造となっており、その全てを美しく移行する事は非常に難しいと言われていました。そのため、ワードプレスで作成したホームページは作成したサーバーでしか利用できないと考えている人も多いのですが、実は簡単に他のサーバーに移行する方法があります。これがエクスポートと呼ばれる機能です。

エクスポートを利用した場合には、その出力はxml形式のファイルとして出力され、ホームページを運用するサーバーのほとんどに移行することが可能になります。そのため、ワードプレスで制作したファイルを損なうことなく他のサーバーに簡単に移行することができるので、非常に便利な機能として利用されています。

ワードプレスでホームページを制作するメリットは、あらかじめ設定されているテーマの中から自分の希望のものを選び、必要なデータを登録するだけで簡単にホームページが作成できる点に大きなメリットがあります。その他のツールを用いたり、直接専用の言語で制作する場合に比べその利便性は非常に高く、多くのホームページ制作所に利用されているツールでもあります。またデータ管理機能は非常に強力で、複数のデータを統合的に管理することができるため最近のホームページの形式として支流になっているランディングページと本文による多層構造のサイトにおいても、ランディングページの本文においてデータの属性が変わってしまうことがなく、そのデータ管理が非常に簡単に行えると言うメリットがあります。この効果は様々なサイトのランディングページと作成実績を見ても明確であり、多くの作成者にとって高い利便性を与えるものとなっています。ワードプレスのエクスポート機能はこのような強力なワードプレスの利便性を損なうことなくそのデータを簡単に他のサーバーに移行することができる機能として注目されており。多くの開発者にとっても非常に魅力的な機能となっています。